2018年度 応用複素関数

 月曜5限、402 教室で講義を行います。

 取り上げる項目 (留数定理の応用、解析接続、等角写像、ポテンシャル問題、 流体力学、数値積分、佐藤超関数の紹介) に大きな変更をしないつもりですが、 講義の順番などはかなり変更するつもりです (レポート向きの項目を前に持って来て、期末試験向きの項目を後に回す)。 「コンピュータ数理」の講義科目なので、 コンピューターを使う場面を増やそうと考えています。

連絡事項

資料

 この講義では、講義ノートは複数のパートに分かれています。

授業の進行に応じた資料

レポート課題

演習問題

参考

過去問

 実際の授業内容は、年度によってかなり異なるので、 準備の参考にはならないと思います。レポートの比重を高くしていく予定です。


katurada@meiji.ac.jp (@はASCIIの@)
Last modified: Mon Apr 23 11:38:54 2018