2019年度 複素関数・同演習

 現象数理学科2年生以上対象。 火曜3限に複素関数(304教室), 水曜2限に複素関数演習(310教室)が行われます。

連絡事項

資料

宿題

 ほぼ毎週1問出す予定。学生番号(特に下の方の桁)はきちんと書いて下さい。 翌週火曜3限の授業中に提出して下さい。 教育実習をする人は、3週分の宿題は免除します (例えば全14回として、11回提出で満点とする)。 介護体験などをする場合は、 火曜2限の授業前に桂田の研究室のメールボックスに投函してくれれば、 良しとします (なお、介護体験、教育実習は、後からでも証明書コピーを提出すれば、 出席にカウントします)。 万一、火曜3限までに宿題が提出でなきなかった場合も、 翌日水曜2限開始時に提出すれば、0.5 回分提出とカウントします。 それ以降は解説・採点となるので受け付けません。

練習問題

 全部の問題の解答はありませんが、 そのうち、なるべく全部準備します(努力目標)。 解答が書いていない問題の解答を知りたい場合は気軽にリクエストして下さい (準備の優先順位をあげます)。 解答には誤植も多いと思います (見直すたびに見つかります, 正直ちょっと雑です)。 変だなと思ったら質問して下さい。 No.~6, 7 は粗いです。

過去問


katurada@meiji.ac.jp (←の@は漢字なのでASCIIの@に置き換えてください)
Last modified: Wed Dec 11 17:11:02 2019