どこでも1次元熱方程式の差分法シミュレーション

桂田 祐史


Date: 2005年11月27日, 2006年1月7日, 2007年12月17日, 2015年4月17日


要するに、 1次元熱方程式の初期値境界値問題くらい、 大抵の環境で解けるようにしておこう、というのが目標である。


(2018/7/15) 久しぶりに見返した。 この文書は時々思い出した頃にしか手をいれないけれど、 それでも (それだからこそ)、 年度ごとに別文書にするのが良いような気がして来た。 今だったら、C+GLSC (GLSC3D?), MATLAB, Python を前の方に持って来て、 真面目にメンテナンスするべきかも。 (Processing というのもあるのか。あ、FreeFem++ もあった。)



桂田 祐史
2018-07-15