next up previous contents
Next: 4.3.6 線種、文字種の定義 Up: 4.3 読んでみよう Previous: 4.3.4 出力先

4.3.5 座標系の定義

「表示したい対象物の世界」における座標と出力デバイス (画面等) の座標と の関係を定義する必要がありますが、これは、辺が座標軸に平行な長方形 (表示 領域) を、二つの世界それぞれにおいて指定することで実現されます。

出力デバイスにおける長方形は、ウィンドウの左上隅の頂点からの余白 (水平 方向, 垂直方向) と、長方形の辺の長さ (横、縦) の 4 つの数値を使って、 指定されます。 サンプル・プログラムでは、これらの値は w_margin, h_margin, win_width, win_height という変数に記憶されています。

「表示したい対象物の世界」における長方形は、プログラムの中の変数 a, b, c, d を用いて定義できる $[{\tt a},{\tt b}]\times[{\tt c},{\tt d}]$ です。

これらの情報を関数 g_def_scale() に渡すことになります。
  /* 座標系の定義: [a,b]×[c,d] という閉領域を表示する */
  g_def_scale(0,
              a, b, c, d,
              w_margin, h_margin, win_width, win_height);

第1の引数である $0$ は、座標系の番号を表わします。実は GLSC では、一度 に複数の座標系を定義しておいて、必要に応じて番号を使って呼び出すことがで きるようになっています。


next up previous contents
Next: 4.3.6 線種、文字種の定義 Up: 4.3 読んでみよう Previous: 4.3.4 出力先
桂田 祐史
2015-04-18