3.1 注意事項

Mathematica では「振幅」という言葉を 通常の物理の本で採用されている意味 (もっとも大きく振れた幅、 変位の絶対値の最大値、ということで、 $ f(t)=A \sin(2\pi f(t-t_0))$ の場合、$ \vert A\vert$ が振幅である) とは異なる意味で用いている (そのことをはっきりと断った上でのことである)。

Mathematica のマニュアルに曰く
文献によっては, 振幅は音のピーク信号強度と定義するものもあるが, 本書では,常に,時間の関数である瞬間的な信号強度とする.

桂田 祐史
2017-10-09