2 Mew の設定

これまでメールを、某メール・サーバーから、 自分で用意したメール・サーバーに転送して、 そこから読み書きしていた。 メール・サーバーがお亡くなりになった (らしい) ので、 直接某メール・サーバーにアクセスするように設定する必要が生じた。

SMTP      このメール・サーバーでは、

を採用している。Mew のマニュアル ``9.5 Transport Layer Security'' を参考に、 次のように設定した。

SMTPの設定
;; smtp
(setq mew-smtp-auth t);; default is t
(setq mew-smtp-ssl t)
(setq mew-smtp-port "submission"); 587番ポート
(setq mew-smtp-ssl-port mew-smtp-port);; 9.5 Transport Layer Security
(setq mew-smtp-user "自分のめーるあどれす")
(setq mew-smtp-server "SMTPサーバーのドメイン名")

暗号化通信      SSL を使った暗号化通信が必要で、それは外部コマンドに任せるらしい。
sudo port stunnel
として MacPorts でインストールして、 .mew.el に登録しておいた。
.mew.el に登録
(setq mew-prog-ssl "/opt/local/bin/stunnel3")

パスワード      これまではローカルのメール・サーバーを使っていたので、 パスワードは必要なかったのだけど、 SMTP, IMAP, POP などを使うのでパスワードが必要。 Mew を起動して、 パスワードを入力するとそれを覚えておいてくれる機能を利用する。
パスワードのキャッシュ
(setq mew-use-cached-passwd t)

桂田 祐史
2017-10-08